パンダマニアのパンダマニアによるパンダマニアのためのパンダブログ【毎日パンダ】

毎日パンダ
毎日パンダ

2011年8月14日から、毎日のように上野動物園に足しげく通いパンダの写真を撮り続けている、筋金入りのパンダマニアさんです。

なぜそんなに頻繁に通っているのか?という疑問が湧きますが

うっかり年間パスポートを買ってしまったばかりに、毎日上野動物園でパンダを見ることになった人によるパンダブログ。基本的には写真を撮ってひたすらアップするというシンプルなサイトです。

ということらしいです。
最初はたまたまだったのでしょうが、今はもう日課となっているんでしょうね。
「パンダに会いに行かないと気持ち悪くて・・・」というレベルなのかもしれません。

スポンサーリンク

ブログと同名の写真集も出版されています

毎日パンダ写真集
他のブロガーさんと同様、やはり書籍を出版されています。
やはり、ひたすら上野動物園のみに通い続け、パンダのみを撮り続けるという『こだわり』が重要だと強く感じます。

レビューを見ても好評のようですね。

大好きなプログなので、「お疲れっ!毎日パンダ」と一緒に購入しました。
こちらの本の方が、大好きなショットがたくさんあり、
カバーもラミネートされてて、とってもよかったです。
本当にリーリー、シンシンのいきいきとした写真がいっぱい!!
真真ちゃんのにっこり笑顔がたまりません!!
子供から老人まで?
楽しめる最高の一冊です’

このレビューの通り、『おつかれっ! 毎日パンダ 上野で働くパンダズの全記録』という写真集も出されています。
2冊は違うテイストの内容とのことですので、両方とも買って読んでもそれぞれ楽しめるようですね。

他にもおすすめパンダブログあります

パンダきっかけ

パンダきっかけ
パンダきっかけ

2007年1月開設の古参パンダブログです。
和歌山のアドベンチャーワールドのパンダに会いに行ったり、中国へパンダ旅行もされている行動派のパンダブロガーさんです。

パンダな日々

パンダな日々
パンダな日々

2013年10月開設と比較的最近ですが、頻繁に更新されています。
和歌山のアドベンチャーワールドにいる、いわゆる『白浜パンダ』の情報がメインです。

パンダったー

パンダったー
パンダったー

サイトデザインからも分かるように、ツイッターを活用してパンダ関係のイベントを企画されていたりします。
毎月11日に『パンダ祭り』ということで、『#pandaJP』のハッシュタグをつけてツイートして参加しましょう!とのことですが、残念ながら2013年の2月11日を最後に開催されていないようです。

パンダブログ番外編

さくらパンダブログ
さくらパンダブログ

通常なら黒い部分が桜の柄になっているパンダをご存知ですか?
その名もまんま『さくらパンダ』ですが、「どこの自治体のゆるキャラだ?」と思ってしまいますが、実はそうではありません。

2007年(平成19年)3月、松坂屋上野店の50年ぶりとなるリニューアルオープンと共に誕生。上野公園のサクラと上野動物園のパンダをモチーフとしており、パンダの黒い体毛部分にサクラ柄がデザインされているのが特徴で、口癖は「まつぅ」。
もともとは松坂屋上野店の広告用のキャラクターとして誕生したが、ライセンス事業を開始したことで、ボランティア団体「ぱんだの会」のシンボルマークや映画・舞台『余命1ヶ月の花嫁』のオフィシャルキャラクターとしても利用されている。

がっつり企業のキャラクターです。
ちなみに2010年に大丸と合併して『大丸松坂屋』になっていますが

大丸松坂屋百貨店の発足後は、大丸京都店のマスコットであった「デッチーくん」とともに、同社のイメージキャラクターになった。また、同百貨店の提携クレジットカードのデザインにも採用されている。
このほか、ライバルキャラクターに「よざくらパンダ」がおり、さくらパンダがサクラ柄(ピンク)なのに対して、よざくらパンダは夜桜柄(黒)になっている[4]。

とのことです。ちなみに『よざくらパンダ』はこちら。

よざくらパンダ

肝心のブログは2012年10月24日を最後に更新されていません。
最近は『さくらパンダオフィシャルサイト』にて情報発信がされているようです。

Youtubeチャンネルもあるようで、動いている『さくらパンダ』も見ることが出来ます。


当たり前なのですが、今回はパンダの写真と『パンダ』の単語をやたらに連発してますね。
ちょっとしつこい感じになってしまってすみません。

スポンサーリンク
今回紹介したブログはいかがでしたか?
記事が「参考になった」「面白かった」と思われましたら、 応援クリックお願いします
 にほんブログ村 ブログブログ ブログ評論・ウォッチングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA