LINE株式会社、ライブドアブログの『完全無料宣言』を発表

ライブドアブログ

去る4月23日、LINE株式会社は自社が運営する『ライブドアブログ』の全有料プランを撤廃し、『完全無料化』とすることを発表しました。
完全無料化の開始は5月1日。5月1日以降の料金を先払いしているユーザーに対しては、返金対応がされるとのことです。

スポンサーリンク

月額1,890円が無料に

現在4種類ある有料プラン(PURE、PRO、ADVANCE、PREMIUMプラン)は全て撤廃され、最上級のPREMIUMプランの機能が全て無料で利用できるとのことです。

ちなみに、無料で出来るようになった機能の一部として

・PC版広告の非表示
・livedoorロゴの非表示
・独自ドメイン設定
・ブログデータ容量(無制限)
・スマートフォン版のユーザー独自の広告の掲載
・Amazon・楽天アフィリエイトID自動設定
・記事のバックアップ(エクスポート)
・EPUB書き出し機能(電子書籍作成)


などが挙げられます。

ライブドアブログの欠点として、有料プランにしないと広告を消せなかったりスマホ広告の掲載に制限があったりという点がよく言われていましたが、それらは一気に解決されることとなります。

最上位のPREMIUMプランでも運営側の広告は表示されましたので訂正します。
運営側もブログ主側も広告一切禁止にするという意味不明なPUREプランがありましたが、これも5月1日からなくなります。

他無料ブログサービスから一気に流入する可能性も

無料ブログサービスの今後について、採算面も含め厳しい見方が強まってきています。
そんな中、ライブドアブログはあえて完全無料化に踏み切り、一気にユーザーを取り込むという攻勢に出てきました。

今回の動きは大手ブログサービス各社にとっては脅威でしょう。
最新データではありませんが、2013年頃のアクティブ会員数(全会員数ではありません)のトップ3は

アメーバブログ 約40万人
FC2ブログ 約10万人
Yahooブログ 約9万人


だったそうです。
ライブドアブログについては1万人にすら届いていないようで、完全に負け組状態。

しかし、今回の完全無料化により上位3つのブログサービスからかなりの会員を奪っていくことが予想されます。
特にFC2は会員離れが加速しそうですね。

FC2終了のお知らせ?ブログ主の皆さんは、念のためデータのバックアップをおすすめします
以前から問題になっていた、FC2ライブでの猥褻動画配信の件ですが、とうとうFC2の幹部が逮捕されました。 情報によれば、逮捕者の中...
また、その他のブログサービスはいよいよ駆逐されていくかもしれません。

独自ドメイン設定も無料となるので、レンタルサーバー代を節約するためにワードプレスなどから引越しするケースもありそうですね。
私は、ライブドアだけでなく無料ブログを使うことはもうないと思いますが。

LINEの新戦略の一環か?

今回、ライブドアが完全無料化を決めた理由はなんでしょう?
以下は私の勝手な推察ですので、「可能性はあるかもね」くらいに取って思って下さい。

ライブドアブログの有料プラン収益はそれほどではなかったのかもしれません。
人件費を含めた運営コストを考えたら赤字だった可能性もあります。

であるにもかかわらずあえて無料化した背景に

・絶対的な会員数を増やし、別サービスのマーケティングに活用
・有名人や芸能人のブログを増やすことでブランドイメージを高める


といったことは普通に考えられます。
また、今後は『LINE』サービスとの結びつきが強くなるかもしれません。
そこから新たなビジネスモデルを作ろうと模索しているのかもしれませんね。

余談ですが・・・

「LINEって、個人情報がダダ漏れなんでしょ?ライブドアブログもヤバくない?」という意見もあるとは思います。

このネットにおける『個人情報流出問題』については、極論かもしれませんが私から言わせれば

「このご時世、個人情報売ってナンボの世界じゃい!」

てな感じです。

LINEだけでなく、TwitterだってFacebookだってGoogle+だって、みんな何かしらの個人情報を提供した見返りでタダで使えてると考えるべきです。
もっと言えば、Amazonや楽天だって会員データを完全に秘匿してるとは思えませんしね。

スポンサーリンク
今回紹介したブログはいかがでしたか?
記事が「参考になった」「面白かった」と思われましたら、 応援クリックお願いします
 にほんブログ村 ブログブログ ブログ評論・ウォッチングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA