九州のバス停を巡るバスマニアのミュージシャンさんのブログ【ジマオとマルサン醤油】

ジマオとマルサン醤油
ジマオとマルサン醤油

管理人は『ニシジマオ』さん(@NishiJimao)という方。

バス(旅行)マニアさんは多くいらっしゃいますが、この方は『バス停マニア』というちょっと変わった趣味をお持ちです。
太宰府市在住の方とのことで、主に北九州地方のバス停を探索されています。

どちらかというと、『秘境バス停』のようなポツンと立っているバス停と待合所が好みのようです。ちなみに、私もうらぶれた感じの停留所が好きです。

スポンサーリンク

珍種バス停をピックアップ

猫塚(福岡県宮若市)

猫塚バス停

JR九州バスの、猫塚バス停留所(福岡県宮若市)です。

ここまで凝った作りの待合所はなかなか見ることができないでしょう。
名前からわかるように、地元には猫にまつわる伝承があるそうです。

ピョンタ前(佐賀県小城市)

ピョンタ前バス停

白石町コミュニティバスの、ピョンタ前バス停留所(佐賀県小城市)です。

奥に見えるのは、地元のマスコットキャラクターのピョンタくんです。
すぐ近くに干潟があるそうで、そこの生息するムツゴロウからきているようです。

赤松(大分県中津市)

赤松バス停

大分交通・大交北部バスの、赤松バス停留所(大分県中津市)です。

横についてる看板がいい味を出してますね。
待合所の外観に比べ、中のベンチは結構頑丈に見えます。

木の元(大分県日田市)

木の元バス停

日田市コミュニティバスの、木の元バス停留所(大分県日田市)です。

『ザ・田舎のバス停』という感じでいいですね。
ちなみにこのバス停がある場所は、2002年サッカー日韓W杯のとき、カメルーン代表チームの合宿を受け入れたことで一時話題となった旧中津江村です。

大石下(福岡県福津市)

大石下バス停

西鉄バスの、大石下バス停留所(福岡県福津市)です。

なかなか上級者向けのバス停ではないでしょうか?
きっと昔はもうちょっと立派な待合所があったんでしょうが、それも朽ち果ててしまったが予算も多く取れず、今は簡素なタイプになってしまったのかなと推測されます。なんだか時の流れを感じてしまいます。

管理人のニシジマオさんはミュージシャンです

宇宙サービス

ちなみに、ニシジマオさんは『宇宙サービス』というバンドをやられています。

2003年、ニシジマオが所属していた劇団のイベントに借り出され結成。「打ち込みをバックに全力で何かをする」が基本。PCによるノイズ・即興ヴォイスコーラスを操りつつ体格に似合わない声量を繰り出すヴォーカルに、脇を固めるメンバーたちによる照明、小芝居、小道具、時には傍観というパフォーマンスが重なる。

ライブの動画もアップされています。

ブログタイトルの『マルサン醤油』とは?

マルハラ醤

ニシジマオさんによれば、

このブログのタイトルは本当は「ジマオとマルハラ醤油」の予定でした。
ところが登録のときにうっかり間違えました。
小学校の頃自分は那珂川の山のほうに探索に行くのが好きで、よく見かけてたんですね、看板を。

とのことで、単純に名前を間違えていただけのようですが、間違えてつけてしまったという『マルサン醤油』も、九州に実際にあります。

マルサン醤油
マルサン醤油

福岡県にある、明治43年創業の100年以上の歴史を持つ老舗醤油メーカーです。
醤油以外にもいろいろな調味料を販売されてます。どれも気になるのですが、『とうふプラス』や『辛まる味噌』あたりは一度試してみたいです。

スポンサーリンク
今回紹介したブログはいかがでしたか?
記事が「参考になった」「面白かった」と思われましたら、 応援クリックお願いします
 にほんブログ村 ブログブログ ブログ評論・ウォッチングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA