凄まじい勢いで拡散され話題となっている『任天堂を退職しました』ブログの真偽はいかに?【破竹の勢い】

破竹の勢い
破竹の勢い

ここ数日話題となっているブログがあります。それがこの『破竹の勢い』です。
管理人は『Takeda Kentaro』と記載があります、残念ながらツイッターなどのリンクはありません。

まさに現在このブログ名通りの状態となっているわけですが、そのきっかけが6月25日の記事『任天堂を退職しました』です。
そっけない記事タイトルとは裏腹に、そのあまりにセンセーショナルな内容に多くの方が驚き、瞬く間に各種SNSによって拡散され続けています。

スポンサーリンク

『任天堂を退職しました』記事の真偽について

この記事についてほぼ100%の皆さんが抱く疑問、それは
「ここに書かれている内容って本当なの?」
ということに尽きると思います。

この記事の真偽については、判断材料が少なすぎて第三者の私にはまったくわかりません。
本日6月27日現在でもブログは存続し『任天堂を退職しました』記事についてのコメントについても言及していることから、ただのイタズラや嫌がらせといった物とは考えにくい状況です。

ただ一点、「なぜ退職から半年経過した今、このような告発をしたのか?」という素朴な疑問があります。
ひとつ考えられることとしては、この記事が書かれた翌日の6月26日は、任天堂の株主総会があったことが関係しているのではないか?と考えられます。

比較的任天堂に注目が集まりやすいこのタイミングで、ブログで行った告発が株主の目に留まり、株主総会で何かしらの質問がなされることを期待したのではないか?ということです。
(実際に株主総会は予定通り何事もなく終わったようですが)

あるいはただ単純に管理人の『Takeda Kentaro』さんが、任天堂の株主総会のニュースをテレビなどで見て、ふと思い出した過去の記憶を書き連ねたという推測もできます。

肝心の任天堂の動きは?

寝耳に水状態であろう任天堂は、この騒動は把握されているようです。

まあ、人事の部署で確認すれば『Takeda Kentaro』さんが実際に任天堂社員であったかどうかはすぐにわかるでしょうが、もし在籍されていたとなると、問題は書かれている内容の真偽の検証に移ります。

ネットニュースによれば

任天堂広報に問い合わせたところ、「ブログについては把握していますが、内容の真偽などについてはコメントいたしかねます。今後内容について社内でも確認はしますが、調査結果などについて公表するかどうかは分かりません」

「15年勤めた任天堂を退職しました」――“元任天堂社員”名乗るブログに反響 任天堂は「事実かどうか確認する」

ということですが、これらがもし真実であった場合、任天堂にとってはかなりの企業イメージの下落となります。ですので、ぜひともこの件についてはうやむやにせず記事内容の真偽確認とそれを受けての対処をしっかり行っていただき、最後はそれらすべてを公開されることを希望します。

スポンサーリンク
今回紹介したブログはいかがでしたか?
記事が「参考になった」「面白かった」と思われましたら、 応援クリックお願いします
 にほんブログ村 ブログブログ ブログ評論・ウォッチングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA