ネット界のカリスマニートが運営する摩訶不思議なニュースサイト【圧縮新聞】

圧縮新聞
圧縮新聞

管理人は『毎日寝て暮らしたい36歳の男』こと『pha』さん(@pha)という方です。ネットでは『カリスマニート』だとか『日本一有名なニート』として知られています。

そんなphaさんが作った数々のサイトのうち、もっとも有名なのがこの『圧縮新聞』ではないでしょうか?最近ではツイッターで目にする方のほうが多いかもしれません。

スポンサーリンク

圧縮新聞とは?

ニュースサイト
圧縮新聞とは、その日のニュース記事をまとめて圧縮して配信するというスタイルのニュース配信サイトです。一例を挙げると以下のような感じです。

ネイマールにぶつけられ、近くにいたタイヤ痕などから、いずれも東京都新宿区上落合3の34の12、落合斎場で。

山本太郎となかまたちの“壁ドン”で全勝優勝を勝ち取った名選手を5人が男性アルバイト店員の左手を切りつけたという組み合わせでは売春禁止なのかと共謀。

黒地にオレンジ色の目出し帽を身につける銀次。

偶然の組み合わせでなかなかいい感じの文章になっている場合もあります。

圧縮新聞の仕組み

圧縮新聞は、『形態素解析』という技術と『マルコフ連鎖』という技術を組み合わせて生成されています。ざっと眺めるだけで、その日に起きたニュースが何となく分かるかもしれないという触れ込みになっています。

基本的には、へんてこ文章を見て楽しむというのが正しい見方かもしれませんが、キーワードはなんとなく分かるので気になった単語があったらググってみるという感じでしょうか?

形態素解析とマルコフ連鎖とは?

とりあえずwikipediaの説明を引用させてもらいます。

形態素解析
ひとことで言うと、文章を単語に分けてバラバラにすることです。ただし英語などと違い、日本語の文章は単語の集まりで出来ているわけではないのでちょっと難しいみたいですね。

phaさんによれば、Yahooの形態素解析APIを使っているとのことです。このAPIを使用すると、

上のサイトではYahooの形態素解析APIを使っています。

いう文章が

上 | の | サイト | で | は | Yahoo | の | 形態素 | 解析 | API | を | 使っ | て | い | ます | 。

といった感じで分解されて返されるとのことです。

マルコフ連鎖
形態素解析によってバラバラにされた文章をつなぎ合わせるのがマルコフ連鎖という仕組みです。バラバラになった単語のつながりのパターンを記録していき、そのルールに従って文章が再構築されるとのことです。

phaさんの説明分を引用させていただきます。

文章を形態素解析でバラバラにしたら、その中の単語の繋がりのパターンを記録します。「Yahoo」=「 の」という繋がりとか、「API」=「は」とか。
そして文章を作るときには、例えば最初に「Yahoo」=「 の」という繋がりを持ってくるとして、そしたら次は「の」から始まる繋がりをそこから繋げます。「Yahoo」=「 の」の次を「の」 =「 記憶」という繋がりにしたら、その次は「記憶 」=「 は」という繋がりを繋げられる。
そういう風に「Yahoo」= 「の」「の」=「記憶」「記憶」=「は」「は」=「終わっ」「終わっ」=「て」「て」=「ない」「ない」=「。」と繋げていくと、

「Yahooの記憶は終わってない。」

という、意味はわからないけれど文法的には違和感のない文章ができあがるわけです。

当然ながら実際はもっと複雑な仕組みになっているようですが、理屈としては上記のような感じのようです。

カリスマニートとして各方面で活躍中

phaの部屋
カリスマニートの名の通り、実は結構いろいろな分野で活躍されていたりもします。結構文才がある方のようで、日々執筆活動などにも勤しまれているようですね。

ちなみにphaさんの近況はご自身のはてなブログに書かれています。こちらも月間10万PVくらいある人気ブログなんだそうです。

すでに本を三冊出版されてます

2012~2015年にかけて、すでに三冊の書籍を出版されています。

ニートの歩き方
2012年8月に技術評論社より発売された『ニートの歩き方』

タイトル通り、あまり働きたくない人(つまりニート生活をしていきたい人)のための本です。ちきりんさんの帯がなんとなく笑いを誘います。

フルサトをつくる
2014年4月に東京書籍より発売された『フルサトをつくる』

「熊野を舞台として最低限生きていくためのセーフティーネット&お金をかけずに面白いことができるフロンティアを自分たちで作っていこうという内容の本」だそうです。田舎に拠点を作って、都会と田舎の往復によってON/OFFの切り替えができる豊かな生活の提案、といった所でしょうか?

持たない幸福論
2015年5月に幻冬舎より発売された『持たない幸福論』

「『仕事』『家族』『お金』など世間で当たり前に持つべきとされているものは絶対的なものじゃなくて生き方はたくさんある、しんどかったら逃げればいい、ということをさまざまな社会学的な知識を利用しながら語った本」というふれこみとなっております。

Webや雑誌にも連載中

Webメディアや雑誌の連載もいくつかお持ちです。
ブログメディア『cakes』に連載中の『毎日寝て暮らしたい』
記事を全部読むには有料会員になる必要があります。

DMM.make内に連載中の『熊野MAKE日記』
熊野に一軒家を借りてリフォームしながら暮らすというなかなか面白そうな企画のようですが、残念ながら連載は2014年から滞っています。

Software Design誌(技術評論社)に『ギークハウスなう』という連載も持っておられたようです。(現在は連載終了)
ちなみに、phaさんはエンジニアやクリエイター達のためのシェアハウス(ギークハウス)を作る『ギークハウスプロジェクト』の発起人だそうです。現在も東京を中心に20ヶ所以上のギークハウスが運営されているそうで、phaさん自身もギークハウスにお住まいとのことです。(ただしあちこち放浪しているのであまり自宅にはいないようですが)

なお、phaさんのこれまでの活動はご本人によるNAVERまとめでざっと確認できますので興味のある方はどうぞ。

ほかにも色々なサイトを製作されてます

圧縮新聞で用いられた形態素解析とマルコフ連鎖を利用して、いろいろなサイトを作成されていますのでざっと紹介したいと思います。

言葉遊び系

夢十夜Remix
夏目漱石の作品『夢十夜』が再構成されて新しい形の文章となります。

村上春樹風に語るスレジェネレーター
適当に単語を入力すると村上春樹風の書き込みがズラッと並ぶスレッドが出来上がります。

文豪ミキサー
夏目漱石や太宰治、坂口安吾など文豪の作品をバラバラにして二つ掛け合わせた新たな作品が出来上がります。

ジェネレータ系

二つ名メーカー
名前を入力するとライトノベル風の二つ名を生成するプログラムです。。

予言詩メーカー
名前と生年月日を入力すると、その月の運命を四行詩の形式で予言するプログラムです。

ホッテントリメーカー
ブログのエントリのタイトルを考えるのが苦手な人のために、ホッテントリ(Hot Entry)なりそうなエントリ名を生成するプログラムです。

また、PHPの知識を生かしてツイッターボットを簡単に作成できる『EasyBotter』というプログラムや、Tumblrにテーマに沿った画像を自動で流しまくるbotなどを作られています。(Tumblr botをいろいろ作ってみた

結論『phaさんはプロニート』

遊牧民のパオ
皆さん薄々分かっているとは思いますが、はっきり言って世間一般で呼ばれる『ニート』として彼を見ないほうがいいかもしれません。そんじょそこらの人間とはちょっとスペックが違います。

phaさんは京都大学総合人間学部を卒業後、サラリーマン時代に覚えたプログラミングの知識を生かしていろいろなプログラム組んだりしています。そしてそんな彼の元には同じ考えを持った人々が集まり、様々なプロジェクトを立ち上げてもいます。

つまり、phaさんは『ニート的なスタンスで働くフリーランス』と言えばいいでしょうか?

「その気になれば幾らでも稼げるけど、金儲けにはさほど興味がないから友人達と一緒に面白おかしく生きています。」

感が強いですね。『自由人』『ノマド』『旅人』といったキーワードがしっくりきそうです。

スポンサーリンク
今回紹介したブログはいかがでしたか?
記事が「参考になった」「面白かった」と思われましたら、 応援クリックお願いします
 にほんブログ村 ブログブログ ブログ評論・ウォッチングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA