伝説のホームページ『愛生会病院』がいつの間にか普通のリニューアルをしてしまっていました

愛生会病院OLD

皆さんは埼玉県にある『愛生会病院』をご存知でしょうか?この病院名でピンときた方は、恐らくかなり昔からのネット民でしょう。

インターネットの黎明期である1998年に開設されたこのホームページ。黒バックに原色の文字がチカチカ動き、怪しく目を光らせる招き猫がアングラな雰囲気で一躍有名になりました。

2013年に一度閉鎖したのですが、実は今年の3月にリニューアル公開されていました。恥ずかしながら、ネットニュースで話題になるまで私も全く知りませんでした。

スポンサーリンク

古き良き時代を思わせる手作り感満載のホームページ

愛生会病院old2
一見して「まともな病院じゃないだろ!?」と言ってしまいそうな見た目ですが、これは当時の院長さんが独学でHTMLの勉強をして作成されたからなんだそうです。

それからおよそ15年間も奇跡的に基本的に大きな変更もなく、この『愛生会病院ホームページ』はネット上に存在し続け、ネット民の間では『世界遺産ホームページ』として愛されてきました。
ですので、理事長の交代などの理由により2013年に閉鎖が決まったときには多くの残念がる声が上がったものでした。

ちなみにこの閉鎖については、ホームページを作成した院長さんのご子息でクラブジャズバンド「Blu-Swing」のドラマー宮本“ブータン”知聡さんが、バンドのブログ記事『ウェルコネ!』にて当時お話になっていました。

平凡なホームページにリニューアルされてしまいました…

愛生会病院new
愛生会内科・婦人科クリニック

リンクも張っておきましたが、上の写真がリニューアル後のホームページです。至って普通です。

病院のホームページとしては至極真っ当なのですが、当時のぶっ飛んだアナーキーなスタイルを知っている方々からは落胆の声が上がりました。(当の病院にしてみたら大きなお世話ですが)

目に優しい色使いで、女性にも抵抗なく受け入れらそうな雰囲気が漂ってきます。決して目がチカチカしてしまうことはありません。まあ普通にプロの業者さんに依頼して作ってもらったんでしょうね。

当時の雄姿をご覧下さい

当時の様子を動画で見ることが出来ますので、雰囲気だけでも味わいましょう。『太陽にほえろ』のテーマ曲が流れていますが、これは実際に当時のホームページでも流れていました。
※2005年にJASRACから著作権侵害の警告が入り、それからは流れなくなりました。

スポンサーリンク
今回紹介したブログはいかがでしたか?
記事が「参考になった」「面白かった」と思われましたら、 応援クリックお願いします
 にほんブログ村 ブログブログ ブログ評論・ウォッチングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA